2014年03月03日

「伸びランニング」で20kmのレースを走った翌日の様子

☆兼子ただしの“伸びランニング” 〜走れば走るほど柔軟性が高まるランニング〜

伸びランニング用画像

21kmのロングの後、20kmのレースの後を通して
筋肉痛や足の痛みはありません。
共通していたのは走った後の夜は落ちるように眠ったこと。

特に疲れが残ってる感じでないので、
レースの翌日も10km走ってみました。

この日は時計を持たず、ゆっくりと走るのみに。

真剣にタイムを縮めていくシリアスランナーは
スピード練習などもして、足に負担がかかったりもするようですが、
この伸びランニングは本当に負担が少ないです。

余程、フルマラソンなどの後でない限り、毎日10km走れそうです。
教材に「体をキレイにするために」とありましたが、
その意味も少しわかってきた気がします。
後はストレッチ効果が楽しみです。

>>詳細はこちら
兼子ただしの“伸びランニング” 〜走れば走るほど柔軟性が高まるランニング〜


posted by 伸びランニング at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。